アラサーのサラリーマンが日常の気になる出来事・趣味について特化して掘り下げていく雑記ブログです。 内容が偏る可能性も大有りですが、お付き合いください。

記事検索
メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。

名前
メール
本文
train_manin_business[1]

さて、今回のテーマは「通勤電車の遅れにイライラ!遅延でも腹が立たない・解消方法」です。

私は、毎日電車を使用して会社に通勤しているのですが、どうしてもイライラしてしまう事がございます。


それは、通勤途中の電車の遅れや遅延!


いやー、何年・何十年と通勤の際に電車を利用しているのですが、どうしても電車の遅れに対して、慣れずイライラしてしまうのですよね。


ただ、最近ではそのイライラも少し抑えれるようになってきたのです。私的には大進歩!


そんな「通勤電車の遅れによるイライラ!遅延でも腹が立たない・解消方法」を今回は私の実体験と共に紹介したいと考えています。






・電車が遅れる理由は様々


天災が原因による遅れ

人身的な事故

信号機器や線路の故障(車両点検)

電車の故障

客同士のトラブル

混雑による遅れ

誰かの体調が悪くなった


上記の原因で電車が遅れるケースは非常に多いです。


また電車の遅れ?今月で何度目?


みたいに感じることも非常に多く、電車=遅延のイメージが非常に強く、その度にいつもイライラしてしまいます。この記事を書いている最中も電車の遅延中。


復旧が早いと、何分単位の遅れなので、そこまで気になりませんが(遅刻ギリギリの出社だとめちゃめちゃ焦る)、場合によれば数時間単位の長時間の遅れも多々あり、非常に厄介極まりない。


線路の本線では、しっかり整備もされ故障しにくく、尚且つ故障しても直ぐに修理をしてくれる体制が整っているケースが多いです。更には、様々な移動手段の方法があるので、比較的ダメージは軽くて済むのですが、


問題は田舎の電車。田舎の場合だと復旧も全く進まず最悪状態になるケースが多々あります。


私の経験上、今まで一番最悪だったのが、仕事終わりの夜10時に電車に乗ろうとしたら、電車の遅延。勿論、違う交通手段もなく復旧を待たなければいけない状況に。


復旧して動き出したのがなんと、夜中の3時。それまでずっとホームに居続けていました。しかも季節は真冬。


次の日は勿論朝から仕事。もう、テンションダダ下がりで体調最悪だったのを今でも思い出します。遅延の理由は鹿が原因で電車も線路も故障という災難。


youngman_25[1]
私「あんな経験は二度と嫌」


youngwoman_42[1]
嫁「あれは災難だったよね。もう見るに堪えない感じだったよ。」


pose_iraira_matsu[1]


・電車が遅れてイライラする理由


予定通り物事が進まない

遅れに対して自分が起こすアクションが面倒

同じ空間に居る人に対して腹が立つ

置かれている環境が辛い

当たり前の事が当たり前に進まない

遅れに対する会社の理解度が最悪

先が見えない不安感


こんな感じでしょうか。


まーやっぱり遅れなければこんなしんどい思いをすることにならなかったのに。原因が自分と関わりのないモノや人のケースが多く、何故その様な理由のせいで、自分にとって悪影響が及ぶのかが納得がいかない。


と考えてしまうのでしょう。私もめちゃめちゃその様に考えてしまいます。今日は、絶対に仕事を早く終わらせて定時に帰る!仕事終わりに外せない予定も入れている。


みたいな時に、電車の遅れにより会社に到着するのが2時間遅れるとすると、間違いなく仕事を終わらせのは相当遅くなり、予定はオジャンになっちゃうことでしょう。


そうなると、どうしてもイライラしてしまいがちです。

pose_shitauchi_man[1]

・電車が遅延してもイライラしない方法・解消方法


■無理してホームで待たない


電車の遅延は仕方がない。ただ、復旧した瞬間にすぐに電車に乗りたいという気持ちからホームで待ち続けていたのですが、正直これが良くなかったのかと感じています。


遅延で復旧の目途が立たない時は、思い切って近くの喫茶店やファミレスに入ってしまうのが手ではないでしょうか。同じ時間の使い方でも有意義に使用したほうが断然おすすめ。


帰宅途中の電車の中で電車が止まったとします。私の場合、復旧まで時間がかかるようであれば、電車を降りて止まっている駅で何か楽しみを見つけて、復旧してからまた新たに電車に乗る様にしております。


同じ時間の使い方でもそちらの方がストレスもたまらないですし、有意義に使用している感覚になるんですよね。何より過ごしやすい環境で時間を潰すのがおすすめ。


youngwoman_42[1]
嫁「だから電車が遅れた時、帰ってくるのが遅いのか!」



■電車の遅れをポジティブに考える


もう、仕方がないことだと割り切って、ポジティブに考える。普段できない事。例えば、朝マックなどでゆっくり朝食をとる。駅周辺を散歩してみる。スポーツ紙を購入してみる。


などなど、普段過ごしていない朝の時間を過ごしてみるのは新鮮で面白いです。また、帰宅の際の電車の遅れも同様。直帰せずに、晩御飯を食べてから帰宅など、無理して早く帰ろうとするのは得策ではないでしょう。


youngman_25[1]
私「こんな際だからこそ、ちょっと探検してみようか!」


そんな遊び心も必要なのかもしれません。



■電車で遅れても時間を潰せる方法を常に用意


電車遅れて、何もすることがないってのが一番怖いと私は思っています。ぼーっと2時間も蒸し暑い電車に缶詰め状態は出来るだけ避けたいところですよね。


なので、私は絶対に所持品として、現在読んでいる小説と携帯充電器にモバイルバッテリをは所持しています。携帯を常に使用していると直ぐに電池が切れてしまうので、1台でかなりおすすめですよ。


私はゲームにニュース。ネットサーフィンにブログ作成と携帯一台でかなり時間潰せるので、間違いなくモバイルバッテリーは必需品になっております。


下記のモバイルバッテリーは実際に私が持っているのですが、サイズ感や重さが抜群で優れもの。尚且つ大容量で、充電速度も速い!口コミも高くコスパ良。




■電車には出来れば座るのがおすすめ


最悪なのは電車の中で駅にも着かず、缶詰状態で復旧を待たされる時。この時は、もう我慢の限界に達してしまいそうなので、出来れば椅子に座るスタンスを心がけるほうが良いかもですね。


近いからといって電車の中で立っていると、最悪の展開に遭遇する可能性も。



■イライラの大元から改善


電車の遅れが原因ではありますが、どうしてもイライラしやすい人っているんですよね。ちょっとしたことで、イライラしてしまう。朝から腹が立ってしまう。


そのような場合は、イライラする大元から改善する事が大事になってきます。あーちょっとイライラしがちかもしれないって感じている人は要注意。


イライラする事が少なくなれば、私生活も仕事も上手くいく事は多くなるでしょう。改善は出来るものならしたいですもんね。


「おすすめ改善方法」⇒男性の更年期をサポート!【ローキュア】


bicycle_tsukin_man[1]

・正直極論は通勤に電車を使用しない家が理想


過去の記事でも書いたのですが

「関連記事」⇒平均の通勤時間から計算してみた!移動時間が長いのは人生の無駄


通勤時間にかける時間は無駄時間だと思っている派です。そして、電車の遅れで待たされる時間は、もっと無駄時間だと感じています。


なので、最も無駄な時間を使用しない方法は、徒歩または自転車で仕事に通うこと。この選択が最良の方法です。


通勤往復で行き帰り2時間かかる人と30分で往復可能な人とでは、自由に使用できる時間が大きく変わってきます。勿論、電車の遅れなどを気にする必要もないでしょう。


ま、オフィスなどで働く会社の近辺に住むってことは、土地代が高い場所が多いでしょう。どこに妥協点を持つかですが・・・。


更には、台風や大雨などで電車が止まりそう。皆早めに帰ろうって話になると徒歩で通勤の人は間違いなく最後まで勤務する羽目に。しかもそういう際は、責任が重たい仕事が多く、貧乏くじを引くことが多いでしょう。


フラリーマンにとっては、電車の遅れは逆にラッキーと感じるかもしれませんね。帰宅したくないので、寧ろ嬉しく感じるのでしょうか。

「関連記事」⇒家に帰りたくない旦那が急増!夫が帰ってこない理由はフラリーマン?


kitaku_family[1]

・さいごに


急いでいる時程、電車の遅れや遅延は腹が立ちイライラしてしまうものです。ただ、どうせ時間を無駄にするのであれば、有意義に使用できるように工夫をする。


または、電車の遅れをポジティブに考えて行動してみる。といった考え方次第で、そこまで腹が立つのを防ぐことが出来るのではないでしょうか。


実際この記事を書いている日も台風の影響で電車が運行見合わせ停止状態。全く動かず、臨時バスが出ていますが、何時間も待ちぼうけで雨に打たれながら、びちゃびちゃで帰ってきました。


正直心身とも疲れてしまいました。このような場合は、思い切ってビジネスホテルなどに泊まって次の日に帰宅といった大胆な策が良いかもしれませんね。


出来ることならイライラしたくはないですから、次こそは実行してみようかと思います。


「関連記事」⇒口コミで高評価のおすすめ転職サイト!評判の良い親切なサイト紹介
スポンサーリンク

コメントする

名前
 
  絵文字