アラサーのサラリーマンが日常の気になる出来事・趣味について特化して掘り下げていく雑記ブログです。 内容が偏る可能性も大有りですが、お付き合いください。

記事検索
メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。

名前
メール
本文
money_bag_yen[1]

さて、今回のテーマは「NHK受信料が4.5%値下げ!金額ではいくら?いつから下がる?」です。

テレビなどの受信機器を所持している場合、NHK受信料の支払いが放送法によって定められています。


中には未納や未契約の人もいるかとは思いますが、月々支払っている家庭は多いはず。


月々の金額としてはそこまで大きくなくても、毎月払っているとなると家庭には大打撃。この金額を安く抑えることが可能であれば、各家庭相当嬉しいはず。


そんな中、NHKよりNHK受信料の値下げを考えている!


と発表がありました。


発表時は、値下げ金額や割合等は発表がなかったのですが、今回具体的な数字の発表がNHKからありましたので、その数字を聞いた私の感想と共に、紹介したいと思います。







・NHK受信料の値下げ割合は4.5%


値下げの割合は、4.5%だと今回、具体的な数字の発表がありました。


私は過去記事にて、この値下げ割合や金額の発表が出る以前に、大体このぐらいの値下げじゃないのかなーと予測した記事があります。


「関連記事」⇒NHK受信料金が値下げ?いくら?月々の金額が安くなる理由は?


その際は、最大で10%ぐらいしか安くならないかも?


ただ、我々消費者は¥1000を割る金額を求めている。


と、記事にしたのですが、現実はたった4.5%の値下げ。



2019年10月に2%

2020年10月に2.5%



上記のスケジュールで値下げを実行する予定との事。


money_kakeibo_happy[1]

・4.5%の割引は金額として¥59


4.5%の割引って、金額でいくらになるんだろ?


って気になりますよね。



答えは¥59



うん、¥59です。



今時、¥59ではお菓子も買えない時代。¥59で一体何が出来るのだろうか?


そう考えると、5円チョコやうまい棒は偉大なお菓子。

money_fueru_dollar[1]

・今回の値下げの金額を聞いて


私はNHK受信料の支払いに関しては、中立の立場。


テレビなどの受信機器を持っていれば、払わないといけないと放送法で決まっているので、仕方なしに払うという状況。


しかしながら、W杯の時はNHKにお世話になったし、おそらく東京オリンピックや次のW杯の時もNHKが沢山放送するであろうから、お世話になるのは確実。


NHK番組を観ないのか?


と言われれば、正直観ます。


なので、私の気持ちとしては、


youngman_25[1]
「月々支払う金額がちょっと高いなー」


youngman_25[1]
「安くなると嬉しい。払わなくて良いならもっと嬉しい」


と思いながらも、素直に払い続けているのですが、今回の値下げ割合と金額を聞いて、正直残念過ぎて、若干裏切られたような感覚に陥っています。


というのも、個人的な感想ですが、


icon_business_man10[1]
「割引します!」


と発表があり、我々消費者は少なからず期待したのではないでしょうか?そんな中、


icon_business_man10[1]
「¥59の割引です」


正直、いやいやいやって思わないですか?


icon_business_woman07[1]
「¥59?」


icon_business_man07[1]
「それ、割引って言うの?」


youngman_27[1]
「期待したのに、どっと落とされた様な感覚」


oldwoman_93[1]
「裏切られた!」



って思いませんか?


割引すると発表するのであれば、もっと大きな金額を予想するものです。正直、この¥59の割引に対して、消費者の人が、



youngwoman_42[1]
「やったー割引されたー」


icon_business_man06[1]
「大助かり!」


なんて感じる人は殆どいないでしょう。


それが答えなのではないでしょうか?


確かに会社規模で考えると4.5%の割引でも相当大きな痛手となることでしょう。それこそ年間数百億円の売り上げが減少することが予測されます。


しかしながら、我々は会社規模で考えず、個人で考えます。


今回の値下げ金額は誰もが得をしない値下げだったのではないかと思います。

shinpai_woman[1]

・個人的には他の値下げの選択が欲しかった


個人的には今回の様な値下げ方法ではなく、もっと契約の選択肢を増やして、各家庭でチョイス出来るプランの用意をして欲しかった。


そうすることで、個々で契約プランを選べ、より得した感覚になるのではないかと思います。


勿論、今以上にサービスを充実したプランを用意して、その価値に合った値段をつけてNHK自身も損をしない様な作戦をとれば良いのではないか?


と思うのですよね。


携帯会社などは、先を進んだ契約プランを既に実践済みなので、参考にすれば良いのでは?


と感じて仕方がありません。


なにか法律でも引っかかるのかな?それとも、消費者満足はこれで満足すると考えたのかな?

money_kechi_woman[1]

・さいごに


私個人としては、非常にがっかりした今回のNHK値下げ情報。


この金額であれば、別に値下げされなくても良かったかも。って思ってしまいます。チリツモですが、あまりにも金額が小さすぎ。


そして、この金額であれば、節約やカード。ポイントを駆使することで、もっと得することが出来るのが今の世の中です。


副業だと更に家計にプラスできます。


¥59と言わず、何万円単位で稼げます!下記にて私が実践中のおすすめの小遣い稼ぎ方法です。


私の行っている懸賞+メルカリ作戦。


「関連記事」⇒主婦のお小遣い稼ぎ!安全で簡単な懸賞&メルカリでへそくりゲット



ブログを運用してお小遣いゲット作戦。


「関連記事」⇒初心者が1年間ブログを続けるコツとアクセスやPVの運営報告


方法はいくらでもあります。


ただただ、残念だったなっという今回のNHK受信料値下げに関する感想でした。


「関連記事」⇒セールスお断りシール・ステッカーやダミーの防犯カメラの効果は?
スポンサーリンク

コメントする

名前
 
  絵文字